Kansai University of Health Sciences/e-learning for Moodle

国家試験の基本

国家試験は同じ問題は出ません。

解説を書いた側から見ていると、国家試験問題は、過去の問題と全く同じ問題はほとんど出てきません。(数年前から、過去に出たのと同じ紋だが出ることが出てきましたが、数少ないです。)

ただし、「正しいもの」→「誤っているもの」に変更して、選択肢を入れ替えたり過去に出た問題の関連部分が出ていることはすごく多いです。

だから過去問を勉強することに意義があります。

国家試験は160×4問の○×問題である。

4択問題というのは、1問ずつを○×問題と考えられます。1つの選択肢ごとに、問題と合っているか、間違っているかを決定していくとミスが減ります。解くときに、「これが答え!」と決めつけるのではなく、「他の3つのここが間違っているから、これが答え!」と考えながら解いてください。

学会での他校の先生からのアドバイス!

国家試験問題にしても総合演習にしてもそうですが、成績の悪い人に忠告。

『みんなが正解する問題は間違えない!みんなが間違える問題を完全に覚える必要はない。』

「だって、国家試験は全国平均7割~8割は合格するのだから、みんなが正解する問題をしっかり覚えておけば、大丈夫!」とのことです。いわれてみればそうなのですが、完璧を目指していませんか?

 どの試験も、6割取れれば合格するんです。

 そのことをしっかり考え、間違いを減らしましょう。

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お問い合わせ

 関西医療大学
はり灸・スポーツトレーナー学科

大阪府泉南郡熊取町若葉2-11-1
 電話番号:072-453-8251
 Eメール:info@k-harikyu.lolipop.jp
 月曜日から金曜日、午前9時〜午後5時。主要な休日を除く。